電話代行とは何か?

業務が繁忙化して、効率化をする必要に迫られている企業が存在します。
そうしたニーズを満たすためには、「電話代行」や「秘書代行」と呼ばれるサービスを利用することができます。

多くの経験を積んだオペレーターにより、利用者の代わりに、利用者の気持ちで大切な顧客に対する電話対応の行なわれるのが、電話代行サービスです。
このサービスを利用すると、顧客から掛かってきた電話は代行会社へと転送され、利用者の代わりにオペレーターによる応対が行なわれます。
その電話で、確認した顧客の名前や連絡先、用件は、メールや携帯電話で連絡してもらうことができます。

利用者は、外出したり、商談に入ったりして電話に出られなくなる際、自社の電話機にある特定のボタンを押すだけで、簡単に電話転送の設定をすることが可能です。
こちらのサービスを利用すれば、電話に出られない時でも、新規顧客を逃がさずに済むほか、既存顧客の感じるストレスを解消することができます。
そして、言わずもがな、利用者にとっては、電話に気を取られることなく、仕事に集中できるというメリットがあります。

その種のサービスは、2種類に大別され、一つ目のサービスは「電話代行」や「電話代行サービス」などと呼ばれます。
ただ、2種類のサービスの総称として、「電話代行サービス」が使用されるケースも存在します。

このサイトでは、電話代行サービスの概要や特徴、種類などの情報をご提供してまいります。

Copyright © 2014 電話代行サービスってなに? All Rights Reserved.